FOAとは

IoTで困ったらFOA

 日々の現場活動やビジネスの結果を得るために構築したはずのビッグデータが、なかなか上手く使いこなせない。試行錯誤で統計分析・AI分析を繰り返してみるものの、時間とコストを掛けたわりには成果に結びつかない。見える化したものの、改善にまでは至らない。他企業や他業界とのデータエクスチェンジを試みたいが、自社データリソースの取捨選択すらも難しく、思わず躊躇してしまう。このようなデータの利活用に関するさまざまな悩みや課題が顕在化しつつあります。いわゆる「データレイクの沼化」のような問題がネックになり、意味のあるデジタル化やデータの利活用が思うように進んでいないようです。二の足を踏んでいらっしゃる企業様も多いのではないでしょうか。

この「データレイクの沼化」のような問題の背景には、システムのサイロ化やスパゲッティ化(蜘蛛の巣リンク)をはじめ、ITシステム構造上の様々な問題がその根底にあります。これらの課題や問題は増え続け、常に変化するデータを扱うIoT領域でさらに顕在化しつつあります。
弊社は、これらの悩み尽きないITシステム構造上の問題をいかに克服し、今日のような変化の激しい時代に求められる企業のビジネスアジリティや現場のフィールドアジリティを、IoTを駆使していかに実現していくかについて、FOA(Flow Oriented Approach)という概念の元で長年探求を続けてきた企業です。
「現場の活動情報」に根差した最新のデジタルアプローチ手法と、FOAノウハウが凝縮された革新的なアプリケーションを通じて、昨今のIT問題の解消のみならず、真のビジネスアジリティやフィールドアジリティ実現に向けた各種ソリューションをご提案致します。